債務整理でブラックリストに載るのはいつまで?

債務整理をすると、信用情報機関に情報が登録されてブラックリスト状態になり、クレジットカードやローンが使えなくなったり、分割払いでモノを買えなくなったりといった制限がかかります。

しかし、債務整理をするといつまでもブラックリスト状態でありつづけるというわけではなく、一定期間が過ぎれば債務整理の情報が削除されてブラックリストが解除となります。

ここでは、債務整理後ブラックリストはいつまで続くのかに加えて、

債務整理後ブラックリストはいつまで続くのか

債務整理をすると信用情報機関に債務整理の情報が登録され、いわゆるブラックリストに載った状態になります。

ブラックリスト中は、クレジットカードの利用・作成、ローンやキャッシングなど新規の借金、分割払いでモノを買うこと、借金の保証人になることなどができなくなります。

しかし、ブラックリストはいつまでも続くものではなく、任意整理であれば約5年、個人再生や自己破産であれば約510が経過すれば、信用情報機関に登録された債務整理の情報が削除され、ブラックリストが解除されます。

この後であれば、以前と同じようにクレジットカードを使ったりローンを組んだりできるようになるのです。

債務整理後いつまでブラックリストなのかは正確にはわからない

とはいえ、例えば任意整理後後きっちり5年でブラックリストが解除されるのかというと、そうではありません。

ブラックリストが解除される時期にはブレがあり、いつまでブラックリスト状態なのかを正確に知る手段はないのです。

しかし、現時点でブラックリストが解除されているかどうかを正確に確認する方法はあります。

信用情報機関には、JICCCICJBAKSC)の3種類があるのですが、そこへ信用情報の開示請求を行うことで、今自分がブラックリスト状態なのかを確認することはできます。

債務整理後、確実にクレジットカードやローンの審査に通りたいという人は、信用情報の開示請求をあらかじめ行っておくとよいでしょう。

まとめ

債務整理をすると信用情報機関に情報が登録されてブラックリストに載りますが、ブラックリスト状態はいつまでも続くものではなく、任意整理であれば約5年、個人再生や自己破産であれば約510年が過ぎれば、ブラックリストは解除されます。

いつまでブラックリストなのかを確実に知る手段はありませんが、信用情報機関に信用情報の開示請求を行えば、自分が今ブラックリストに載っているのかどうかを正確に知ることは可能です。