学生が任意整理するときに知っておくべき2つのポイント

大学や専門学校に通っている学生でも、クレジットカードや学生ローンなどを使い過ぎて支払いができなくなってしまうケースは少なくありません。

返済できない借金を抱えてしまった場合、学生であっても任意整理で借金を減額してもらうことが可能です。

ただし、学生の場合は知っておくべきポイントが2つありますので、順番に説明していきます。

学生でも親に内緒で任意整理することは可能

任意整理とは、弁護士や司法書士に自分の代理人となってもらい、お金を借りた会社と交渉してもらって、利息・遅延損害金の全額カットや返済期間の延長(60回払い程度)を認めてもらう手続きです。

借金問題を解決するための手続きを債務整理というのですが、債務整理にもいくつか種類があり、任意整理はその中でも親や周りの人にバレにくいものだといえます。

例えば、借金の元本を減額してもらえる「個人再生」や、借金そのものをなくしてもらえる「自己破産」の場合、裁判所を通す手続きとなるため、同居している家族の収入がわかる書類が必要になり、それをきっかけとして親にバレるおそれがあります。

一方、任意整理は自分と会社側とが直接行う交渉であり、裁判所とは関係がないので、家族の収入がわかる書類は必要になりません。

ただし、任意整理をする学生が未成年である場合は、手続きをするにあたって保護者である親の承認が必ず必要になるため、親に内緒で任意整理をすることはできません。

学生が任意整理するならアルバイトなどでの収入が必要

任意整理をすると利息や遅延損害金は0円にしてもらえますが、元本は60回払い程度の分割払いで全額返済しなければなりません。

そのため、任意整理を選ぶなら借金額を60で割った金額を毎月支払っていけるだけの収入が必要になります。

例えば、借金額が60万円だった場合は毎月1万円、借金額が120万円だった場合は毎月2万円を返済に充てる、という具合です。

返済に十分な収入が確保できればアルバイトでも全く問題はありません。

まとめ

学生が任意整理する場合、成人している学生であれば親にバレないように手続きを行うことが可能です。

一方、学生が未成年の場合は親の承認がなければ任意整理の手続きを行うことができないため、必ず親に相談する必要があります。

なお、任意整理では60回払い程度の分割払いで元本を全額返済しなければならないため、借金の総額を60で割った金額を毎月返済していけるだけの収入を確保できるようにしてください。