任意整理でブラックリストに載ると生活にどんな影響が出る?

任意整理は利息の全額カットや返済期間の延長によって借金を確実に減らせる手続きですが、唯一のデメリットとして「ブラックリスト」というものがあります。

ここでは、任意整理でブラックリストに載ることで、生活にどんな影響が出るのかを説明していきます。

任意整理でブラックリストに載ると5つのことができなくなる

任意整理をすると、お金を貸す会社が加盟している「信用情報機関」に情報が登録され、「ブラックリスト」といわれる状態になります。

ブラックリストに載っている間はお金に関する信用がない状態であるため、クレジットカードの利用や作成、ローンやキャッシングでの借金、分割払いでものを買うこと、借金の保証人になること、賃貸契約で信販系の保証会社を利用することといった、信用が必要な5つの取引ができなくなります。

任意整理でブラックリストに載る期間は5です。

この期間が終われば、信用情報機関から任意整理の情報が削除され、ブラックリストによる制限が解除されるので、元通りに信用が必要な取引ができるようになります。

任意整理によるブラックリスト状態が解除されたか知る方法

任意整理をしてから約5年が経過するとブラックリスト状態は解除されますが、そのときに通知などは特に来ません。

そのため、自分のブラックリストが本当に解除されたのかどうか確認するには、信用情報機関に信用情報の開示請求をする必要があります。

信用情報機関には、JICCCICJBA/KSC3種類があり、JICCCICはインターネット、郵便、窓口で信用情報の開示を受け付けています。JBA/KSCは郵便のみの取り扱いとなります。

任意整理でブラックリスト状態になっている間の対策

任意整理をするとブラックリストによる制限のためにクレジットカードが使えなくなるので、電気代やスマホ代などをクレジットカード払いにしている人は、支払方法を変更しておく必要があります。

また、デビットカード(支払いをすると即時でお金が引き落とされるカード)やプリペイドカード(あらかじめチャージした金額の範囲内で支払いができるカード)を作っておけば、インターネット上の支払いなどに利用できて便利です。

まとめ

任意整理をするとブラックリストに載り、クレジットカードが使えなくなる、新たに借金ができない、分割払いができない、借金の保証人になれない、信販系の保証会社が利用できないといった制限を受けます。

ブラックリストは約5年で解除されますが、確認するには信用情報機関に問い合わせる必要があります。

ブラックリスト期間中も、いくつかの対策を取れば不便さを軽減することが可能です。