自己破産が親にバレるケースとバレないケースを解説

自己破産をしようかと考えた時に、「親にバレるのではないか」という心配を抱く人は多くいます。

実際のところ、親にバレるかバレないかは親と同居しているか別居しているかによって変わります。

ただし、親が借金の保証人になっている場合は、自己破産すると保証人に請求がいくことで親にバレるので注意が必要です。

親と同居している場合は自己破産が親にバレる

自己破産では、世帯の家計を正確に報告しなければならないため、家計収支表と呼ばれる家計簿を作る必要があります。

家計収支表を作る際は、同居している家族の収入を記載しなければならないので、親と同居している人は親の収入がわかる書類(給与明細・確定申告書・年金通知書など)を使うことになります。

親に黙って上記の書類を持ち出す、ということをしない限り、親と同居している人が親にバレないように自己破産するのは難しいと言えるでしょう。

親と別居の場合は自己破産しても親にバレない

親と別居している場合は、上述した親の収入がわかる書類は必要になりません。

自己破産をしたからといって裁判所や借入先の会社から親に連絡がいくことはないので、親にバレる要素は少ないでしょう。

バレるとしたら、持ち家がある人が自己破産をして家を処分された場合や、自動車を持っている人が自己破産して自動車を手放すことになった場合などでしょう。

親と別居でも親が借金の保証人になっている場合は注意

親と別居しているという人でも、親が保証人になっている借金がある人は注意が必要です。

保証人付きの借金がある状態で自己破産をすると、借金の残高が保証人に一括払いで請求されることになり、自己破産がバレるだけでなく多大な迷惑をかけることになります。

親が借金の保証人になっていて、親に迷惑をかけたくないという人は、自己破産ではなく任意整理をするのがよいでしょう。

任意整理であれば、保証人付きの借金を整理の対象から外すことで、保証人に迷惑をかけずに借金を整理できるからです。

まとめ

親と同居している人は、自己破産を申し立てる前に親の収入がわかる書類が必要となるため、親にバレないように自己破産するのは難しいでしょう。

親と別居の場合、基本的には自己破産しても親にバレることはありません。

ただし、親が保証人になっている借金がある人は、自己破産すると親に残高が一括請求されて、自己破産がバレるだけでなく多大な迷惑をかけることになります。

それを避けるには、整理する借金を自由に選べる任意整理を利用するのがよいでしょう。