自己破産にはどのくらいお金がかかるの?

自己破産を考えている人の中には、食費や生活費を切り詰めてなんとかやりくりしているという人も多いと思います。

ですので、自己破産にどのくらいのお金がかかるのか、という疑問はかなり気になるところでしょう。

ここでは、自己破産にどのくらいのお金がかかるのかを説明したうえで、お金がかかるので自己破産が難しいという人が利用できる「法テラス」のサービスについてまとめていきます。

自己破産では30万円~80万円くらいのお金がかかる

自己破産には「同時廃止」「少額管財」「管財事件」という3種類の手続きがあり、どれを行うことになるかによってかかるお金も変わってきます。

同時廃止とは、財産がほとんどなく、自己破産ができない事情(免責不許可事由)も特にない人が行うことになる簡易的な自己破産の手続きで、かかるお金は30万円程度です。

少額管財は一部の裁判所で導入されている手続きで、財産があるけれどもそこまで高額ではないという人や、財産はないけれども借金の理由がギャンブルで免責不許可事由にあたる、という人が行うことになります。かかるお金は50万円~60万円くらいです。

管財事件とは、高額な財産を持っている人が行う手続きです。少額管財がない裁判所では、上述の少額管財にあたる人も管財事件で手続きをすることになります。かかるお金は70万円~80万円と高額になります。

お金がかかるから自己破産できないという人は「法テラス」を利用しよう

自己破産したいけれどもお金がかかるのでできないという人は、国の公式な法人である「法テラス」を利用すれば、自己破産の費用を割安で立て替えてもらうことが可能です。

法テラスは正式名称を「日本司法支援センター」といい、お金がない人に向けて無料法律相談や債務整理の費用の立て替えといったサービスを提供しています。

法テラスを利用できるのは、一人暮らしの場合で月収18万円以下、財産が180万円以下の人です。

まとめ

自己破産では、とることになる手続きの種類によって、どのくらいのお金がかかるかが変わってきます。

財産がない場合の同時廃止では30万円、少額の財産がある場合の少額管財では50万円~60万円、多額の財産がある場合の管財事件では7080万円のお金がかかると考えておけばよいでしょう。

お金がかかるので自己破産は厳しいという人は、「法テラス」を利用すれば、自己破産にかかる弁護士費用や裁判所の費用を割安で立て替えてもらうことができます。